障がいを開示するということ。

障がいがあるということを開示するということは、とても難しい問題です。

障がい者に偏見を持つ人もやはり一部ですがいます。ただ、理解してくれる人もいます。

特にプライベートの人間関係では、障がいを開示することは、人によって「障がいをどう理解したらいいかわからない。」「どう接したらいいかわからない。」と思われ、距離を置かれることもあります。

ただ、開示する場合は、「自分は空気が読むのが苦手だから、人にびっくりさせることもあるかもしれないです。」などと具体的に伝えるほうがよいと思います。

障がい者が家族や周りにいない人は障がい者と「どう接していいかわからない。」という人はすごく多いです。そのため、私自身も「障がいがあることでどういうことが苦手なのか?」などを具体的に伝えられるようにしていきたいとよく感じています。